クレジットの分割払いで生じる手数料や金利について

最近では、クレジットカードを所持することは一般的になりつつあり、日常的に使っている人もいます。いつくものクレジットカード会社がつくられており、メインのクレジットカードのほか、サブのクレジットカードを持つ人もいます。もしも分割決済でクレジットカードを利用した場合、返済期間の金利に応じて計算された利息をつけて支払わなければなりません。分割払いでクレジットカードを使うと利息がつくことはよく知られていても、どうやって金額を算出するかはわからない人もいます。クレジットの利用においては、何回の分割で支払いをするかを、定められた範囲内で利用者が指定する事になります。このほかに、一括払いという返済方法がありますが、分割払いの1回払いと見なされています。分割払いで3回以上を指定すると、金利に基づく利息がつくようになります。3回以上に分けて返済をすると、分ける回数が多くなればなるほど、手数料の金額は大きくなって、返済金額はふえるという仕組みです。手数料とは、分割払いの払い込みの度に、返済の一部として請求されます。クレジットカードを分割払いにすると、全額の返済が終わるのが数ヶ月後になるため、それを融資扱いにして、手数料を計算します。クレジットの支払いにおいては、これらの費用が商品代金に上乗せして請求され、返済しなければなりません。カード利用額として毎月請求される金額の中に、分割払いで支払った商品の金額と、金利から算出された手数料が含まれています。